スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「6.11新宿・原発やめろデモ」の報告への批判



当会有志が「6.11新宿・原発やめろデモ」実行委員会に出した「公開質問状」への回答は、まだ返ってきていません。
ところが数日前、6.11実行委のウェブページに、こちらの質問状への回答らしき数節をふくんだ「報告」が公開されました。http://611shinjuku.tumblr.com/post/7724014059/6-11
しかしそれは、回答をはぐらかしているどころか、事実を意図的にねじまげて、こちらがわの抗議者にたいする不当な非難まで含んでいる始末です。


1.

わたしたちが質問したのは、「どういう経緯、どういう趣旨で、植民地主義と差別に親和的な主張をする人物をスピーカーに起用することになったのか」でした。
それにたいして、6.11実行委の報告には「「原発に反対なら誰でもOK!」という確認を踏まえ、一任された集会担当者が依頼し」たとありますが、それがこの質問への回答と見ていいでしょう。

しかしながら、当会有志の質問状では、たまたま右翼がデモに参加したかどうかではなく、「当該団体をはっきりと把握したうえで特権的なアピールタイムをもうけ」たことが問題であると、はっきり指摘しています。
なぜ侵略主義的な右翼活動家をわざわざ選んで発言させようとしたのか。そのことによって6.11デモをどのようなものとして演出しようと考えたのか。
この「報告」は、それにたいする回答をまったく欠いています。

くりかえしますが、わたしたちが問題にしているのは、反原発という趣旨とは別の趣旨をもって主催者がデモ参加者を排除するかどうかではなくて、主催者がわざわざ侵略主義的な右翼活動家を選んでなかよくしようとしていることであり、つまりデモ参加者ではなく主催者の側の政治性です。
侵略主義的な右翼活動家を登壇させることで、どうして「誰でも参加OK」な集まりを演出したことになるのか、そこをたずねているのです。
6.11実行委はそれについて答えていません。あるいは答えることを避けているのかもしれませんが。


2.

逆に実行委報告には、6.11当時の抗議者への非難もふくまれていました。

「集会中、ある人たちによって、意見の違う発言者にヤジを飛ばしたり、マイクを奪ったりという行為がありました! ヤジはまあヤメロとまでは言えませんが、発言の妨害はちょっと感心できませんね…。いろいろ文句があるとしても、今後、集会の妨害はナシでお願いします!」

この一節は事実を意図的にねじ曲げています。
集会での抗議の経緯は、当会ブログですでに公開しましたが、もういちど確認しておきましょう。とくに関係する箇所は下線で強調しました。

_________

集会もなかばに差しかかったころ、ある俳優が「福島でこんな災いを受けねばならない理由は、日本人は世界に誇れる民族だから」と壇上から発言したのにたいして、わたしたちは「レイシスト」と抗議しました。するとその俳優が「文句があるんだったらいつでも来い」と言うので、わたしたちはステージ脇にすすみました。

ところが、そのときステージ周囲にいた主催関係者は、わたしたちの話を聞くこともなく、突き飛ばす、腕を引っ張る、抱きつくなどして制止に入り、「いつでも来い」と言った俳優とわたしたちが話すことすら妨害したのです。

するとそのさわぎのさなか、日の丸をもった男がステージに近づき、なぜかそこにいた鈴木邦男(かれも主催?)に促されてステージ裏に登り、「ぼくはふだんは左翼だけど、きょうは針谷さんのために日の丸をもつ」などという不可解なことを叫びます。そこで、わたしたちのひとりがマイクを奪い、またもみあいとなりました。

その後わたしたちはすぐに、日の丸をかかげた人物がステージに上がり発言したとについて、主催者に問いただしました。すると、原田と名乗る人物が呼んできた松本哉が主催者として以下のように回答しました。

1. 日の丸をかかげた人物の発言は主催の予定にはなかった。
2. その人が勝手に上がってしまった。


針谷の起用を取り下げておいて、日の丸をもった人が台にあがるのをぼんやり眺めているというのも奇妙な話です。ならば少なくとも主催がそのことを参加者に説明すべきだと要求しましたが、そんな必要もないんじゃない? とひょうひょうとしているので、ならばこちらからも発言させるよう要請しました。その結果として、当日参加の有志のうち柏崎が、反原発運動の国民主義化への異論を壇上で話しました。

過去記事「6.11新宿・原発やめろデモ集会で何があったのか」

「素人の日本国民運動? 6.11デモ公開質問状への補足」も参照。

_________


このように、こちらがマイクを奪うまえに「日の丸をもった男」が「勝手に」壇に上がり、反原発とは無関係な話をはじめたのです。
こちらがマイクを奪うことが妨害なのなら、この日の丸男の行為も妨害のはずだし、ついでにそれを促した鈴木邦男も(主催者でないなら)妨害者です。
むしろ、反原発の趣旨とちがうこと(針谷のために日の丸うんぬん)を予定もなく勝手に壇上で発言しようとした人物を制止しようとした(成功しませんでしたが)のだから、主催者「報告」の立場からすれば、わたしたちは主催者に貢献したとさえ言えます。

それとも6.11実行委は、日の丸の肯定的意義をうんぬんすることは反原発の趣旨にかなっていて、それをやめさせようとすることは反原発の趣旨に反するのだと認識しているのでしょうか。


3.

「原発を一日も早く止めること」が重要なのはたしかです。しかし、原発が止まっても、放射能の放出は止まりません。
福島原発ではたらいている労働者や周辺住民は、事故以前から、深刻な被爆の被害にさらされてきたし、いまも現在もさらされつづけているのに、まともな補償は行なわれていません。

現在、日本の放射性廃棄物の永久保存先として、モンゴルなどの名が出されています。
福島がそうされてしまう可能性だって、ありえないことではありません。
また、補償のさいに国民主義的な排除のシステムがはたらくことにも警戒しなければなりません。
たとえば、すでにいまも郡山市の朝鮮学校だけが、行政による校庭の放射能汚染除去対策から、さも当然のことかのように除外されています。(日刊ベリタ記事

原発問題はこうした国益主義的、植民地主義的なおしつけ構造とセットであり、それらを切り離して原発だけを問題にすることは、反原発という課題それ自体からみても後退でしかありません。
そのことは「公開質問状」ほか、今回の件にかんする一連の声明で指摘してきました。
しかしながら、そうした問題提起は、6.11実行委の「報告」文書をみるかぎり何の影響もあたえなかったようです。

あくまで「さらなる大盛り上がり」を目指していればそれでいいのでしょうか。
それは、原発をついに止めることのなかった昔ながらの動員主義と、なにがちがうというのでしょうか。
それに「素人」「雑多さ」「若者運動」「シアトル以後」といった装飾を施して、差別構造に気づかぬふりをするのではなく、原発を支え動かす差別的な政治と社会を問題にすることこそ、大切なのではないでしょうか。

わたしたちはもはや質問ではなく、6.11実行委を公式に批判します。
また、原発政策をささえる差別的な政治・社会構造にも届きうるような反原発の議論や運動を広げていくことを、6.11デモの参加者・非参加者を問わずすべての人に呼びかけます。



コメント

Secret

ロジックはいくらでも後付けできる。 
つまり気に入らん侵略主義的右翼活動家の話は聞きたくないけど、社民党の福島や共産党の小池なら

ヘイスピ界隈は素人の乱を批判しながら、メンバーが運営に食い込んで、屈伏させるよな二回目の声明出させたしな

脱原発と被災者支援は命と生活の問題でしかない
それこそロジックとイデオロギーの「押し付け」は控えて欲しいものです

この件について

ヘイトスピーチに反対する会からだけでなく、内外含め様々な層から、あの報告文については批判が出ています。それらを受け8.6直前になりますが、来週半ばには具体的な経緯説明を踏まえた最終的な報告総括文が発表される予定です。

ざらすとろさんの指摘でもわかるように、ヘイトスピーチに反対する会がやっていること自体が、ヘイトスピーチであります。

No title

実はコメントと同じ文章はすでにあなた方のメールの方に送らせて頂いているのですが、
読まれてらっしゃっているのでしょうか?

ヘイトスピーチを許さない会の皆様方へ

ヘイトスピーチを許さない会の皆様方へ

はじめまして、私は6月11日の新宿中央公園で日章旗を掲げた大門 裕と申すものです。mixiとtwitterではざらすとろと名乗っております。

今回メールを送ったのは他でもなく、あなた方の発言には事実誤認があるということを指摘すること、そして私からあなた方に質問があるという二つの用件があったからです。

今回、あなた方のブログを読ませて頂きました。しかしながら、あなた方の発言には重大な事実誤認がありますので、二点指摘させて頂きます。

一つめは、あの時にあなた方は中山さんと話し合おうとしたと主張していますが、明らかにおかしい。人と話し合おうという人間が、どうして、ゲストとして登壇している人間に向かって、野次を飛ばしたり、襟首を掴んだりするというのでしょうか?

私はあなた方のメンバーが中山さんの襟首を持って、殴り合いになりそうになっているのを目撃しています。他の人も目撃している筈です。あのまま誰も止めなかったら殴り合いになっていた可能性があります。

あなた方のブログによると、

「ところが、そのときステージ周囲にいた主催関係者は、わたしたちの話を聞くこともなく、突き飛ばす、腕を引っ張る、抱きつくなどして制止に入り、「いつでも来い」と言った俳優とわたしたちが話すことすら妨害したのです。」

とありますが、私にしても、他の皆さんにしても、あなた方と、中山さんが殴り合いになりそうなっているのを必死で止めようとしていました。
主催者が招いている客人に野次を飛ばし、あろうことか客人の襟首を掴んで殴ろうと襟首を掴むことを、あなた方は「話をする」というのでしょうか?
私には狼藉を働いているようにしか見えません。

二つめは、

あなた方のブログによると

「その後わたしたちはすぐに、日の丸をかかげた人物がステージに上がり発言したとについて、主催者に問いただしました。すると、原田と名乗る人物が呼んできた松本哉が主催者として以下のように回答しました。

1. 日の丸をかかげた人物の発言は主催の予定にはなかった。
2. その人が勝手に上がってしまった。

針谷の起用を取り下げておいて、日の丸をもった人が台にあがるのをぼんやり眺めているというのも奇妙な話です。」

とありますが、これは奇妙な話でもなんでもありません。

松本さんと裏で結託していることをあなた方は疑っているようですが、そのようなことは一切ありません。登壇は私の意志でやったことであります。

松本さんも鈴木さんも関係ありません。

ちなみに私が無理矢理マイクを奪って登壇したという言い方をなさっていますが、それは明らかに違います。

あの時、救護センターの方が壇上に登ってらっしゃっていましたが、その時に、私は「終わってからで良いから話させて欲しい」と、壇上に登っている方に断りを入れた上で登壇させて頂きました。



次に、あなた方ヘイトスピーチを許さない会の皆さんに四つ質問があります。

第一に、まずあなた方は針谷さんをレイシストと断罪し、登壇を拒否する前に、針谷さんに直接考え方などについて直接、話を伺ったのでしょうか?針谷氏は三度も福島の現地でボランティアで活動しています。

右翼=レイシストという捉え方そのものが、非常に一面的でそれこそ差別的な捉え方なのではないでしょうか?
私は左翼なので右翼のことはよく分かりませんが、右翼といっても、無知な私が知る限りに於いてすら、かなりその思想や考え方は幅広いのではないでしょうか?


第二に、右翼の戦前からの植民地支配への責任の連続性によって反原発運動に参加する資格がないと右翼を断罪するのなら、旧共産圏において行われてき た左翼陣営による諸々の非人道的な行いについても徹底的に断罪し、自己批判し、自己検証がなされなければ、それは二重規範になります。少なくとも核汚染の諸々の問題に 対する左翼側の自己批判、自己検証が本当になされてきたのでしょうか?


第三、なぜ自分たちの正義を他者に押し付けるのでしょうか?放射能物質による汚染はイデオロギーの違いに関係無く、襲いかかって来る問題なのに、あなた方と同じ考えを共有しないと反原発運動に参加してはいけないのでしょうか? 

もし自分たちの考えに賛同できる人間だけが反原発を訴える資格があるというのなら、あなた方の考えを共有できる人たちだけでどうして運動をやれば良いだけの話なのでは無いでしょうか?自分たちの考えに賛同しない人たちがみんな間違っているというのは、イデオロギ-の問題以前に人として非常に傲慢なのではな いのかと私は思います。


第四、この動画(http://www.youtube.com/watch?v=boYumfuaEh4&feature=related)の8分30秒あたり、私が壇上から降りた直後において、誰かが「反原発を妨害するぞ」という声が聞こえます。
これはあなた方の発言ですか?もしそうであるのなら、どういう意味ないし意図なのでしょうか? これはデモ参加者に対して妨害するぞという意味なのでしょうか?

質問は以上です。

なお、このメールは私のmixiの日記とtwitterでも読めるように公開させて頂きます。あらかじめご了承ください。



ざらすとろ

核廃棄物のモンゴルへの押し付け反対!
教育現場の日の丸押し付け反対!
日の丸所持者へのヘイトスピーチ反対!

大勢の中のたった数人より、天皇誕生日か正月の一般参賀
またはサッカーの味の素スタジアム辺りの方が植民地主義者は非常に多いし、是非叩いて下さいな

普段少数派の分のうっぷんはあるかも知れない。
ただ、原発か経済かの二者択一じゃなく、両方ともうまく行ける可能性だってある。

堂々と「少数派」を演じる苦労は確かに感じますのぉ

個人的には日米安保反対だし、米軍基地反対デモに参加したいけど…………
日の丸持ってきゃ排除されるんかや

もう幼稚な言い訳を止めろ。見苦しい。多少は反省してるかと思ったら全然してねーな。要するにガキだなガキ。お前らはさ。

これだからセクトブサヨは
こんな奴がいるなら、反原発から手を引きたいけど、麗しき山河を守るためには仕方ない 

もっぺん動画を見直したけど。やっぱり暴力的にマイクを奪っていると言わざるを得ない。

針谷氏は植民地主義と差別に親和的なのか?

針谷氏の登壇に反対する理由として、氏が植民地主義と差別に親和的だとか言われてますけど、それでは説得性が薄いと思いますね。

最初の方のコメントにもあったように、核廃棄物の海外への押し付けを主張しているならともかくとして、植民地主義に親和的とする根拠は薄い言わざるを得ませんね。

次に差別に親和的と言うことも、在特と闘って来た経緯を考えると全く言えないと思いますけど。
国籍や出自による差別に親和的でないことは勿論、差別一般に特に親和的だとは思われません。

だから、植民地主義や差別に親和的でありそれは反原発の趣旨にそぐわないと言うのであれば、的外れと言らざるを得ませんね。

俺は何も針谷氏の考え方や思想を全部知っているわけではないし支持しているわけでもない。
ただ、そういう理由で批判したり反対するのは的外れなものだと思う。

差別構造の現れを緩和する事は出来る

確かに、原発が地方や一部労働者の犠牲によって成り立っていると言う視点は大切だと思います。
原発問題の中に差別構造や格差があることも見落としてはいけない。

しかし、そういう差別や格差の構造は、例えばビルひとつ建てることの中にも厳然と存在している。
建築現場に行けば社会の縮図を見ることが出来る事からも判るように、この世の中実に強固な差別と格差の構造が網の目ように張り巡らされている。
それは国籍とか出自に係わるものばかりではない。
大半の人はその中で犠牲となると共に恩恵も受けていたりするわけで、簡単に誰が強者とか弱者、加害者とか被害者とかは言えないものだと思います。

そういう差別構造自体が良いとか悪いとかしようがないとか言っていても始まらない。
現実に目指すべきは差別構造によって生じる不具合な所を抑制と言うか緩和して事ではないでしょうか。

例えば、雇用保険や年金保険に正社員や派遣社員の別なく加入出来るようにすることなどはそういうことだと思います。

原発に関しても、原発を無くすことで地方や一部労働者に押し付けられている巨大なリスクを最終的には無くしていくことが出来る。
また、海外への核廃棄物の押し付けと言う事態も抑制する事か出来ると思います。

確かに、原発問題に於ける差別や格差構造の問題は大きい。
原発がなくなったとしても、過疎の問題ー都市と地方の格差の問題は残るわけでそこをどうするかは脱原発にとっても難問ですね。

所詮

君たちは物事の本質が分かっていない。
これだからオールドブサヨはいかん。
もっと頭を働かせ。
ニート同然の学生なんかやるな。
いいか。
君たちの考え方をしているのは稀少価値であろう。
頭が悪い人には悪いなりのアイデアが浮かぶ。

ヘイトスピーチに反対する会は他者の意見や考えを認めない心の狭い反日朝鮮人やのう。

必死すぎて哀れw

言い訳し過ぎで哀れですよ。
マイクを引っこ抜いた件、Twitterで自慢げにつぶやいていたでしょ?
在特会だけ相手にしてたらいいよ。ヘイトスピーチだらけだし。

考え方・立場の違いを認める

前にも書いたように、あの俳優の発言の何が特に問題となるのか解りません。
発言の流れからしてレイシズム的なものであるとは思えませんけどね。
まさか民族と言う言葉を使ったことを問題にしているのではないと思いますが。

ヤジを飛ばすこと自体は問題ないけど、しつこいヤジに苛ついたて「いつでも来い」みたいなセリフがつい出てくることは役者なら有り得ることでしょう。

それをマジに取って、演壇に進もうとすれば制止されるのは当たり前なことなんじゃないですか。
真意を質すと言うのなら集会の進行を妨げずに、話し合いをする機会は幾らでもあるでしょうに。

日の丸掲げた発言者の発言を止めさせるように主催側から依頼されたのでない限り、主催側の面子を潰したようにしか見えませんが?

世の中いろんな意見や立場があるのは自然なことです。
主催側を批判することは結構なことですけど、原発を無くして行こうと言う機運に水をさすような結果にならないようお願いします。

No title

放射性廃棄物の永久保存先をモンゴルにして、原発労働者や周辺住民保障しなくていいと、日の丸肯定する人々や当該右翼が主張してるのか?郡山市朝鮮学校を対象外にしてるのは、右翼でなくて行政なのではないのか?
肝心要の反対根拠らしい3の文章が論理飛躍してて、論理が繋がっておらず、なんでそれらが日の丸&右翼排除に集約されなければならないのかが、まったくわからない。

No title

貴方達は「差別に親和的な主張をする」という理由で他人を批判していますが、他人を侵略主義とか右翼とか言ってしまう貴方の方も、劣ること無く十分に差別的です。
プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。