スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声明・「黒い彗星」断固支持!不当逮捕に抗議します

【声明】「黒い彗星」断固支持! 不当逮捕に抗議します


 2010年12月4日渋谷で、約100名におよぶ排外主義デモの主催者・参加者が、ひとりの在日朝鮮人青年にたいし、集団で殴る蹴るの暴行を加えたあげく、青年の側が逮捕されるという許し難い事件が起こりました。
 12.4黒い彗星★救援会 http://d.hatena.ne.jp/free_antifa/

 わたしたちは、1年前の京都朝鮮初級学校襲撃事件を反省するどころか自画自賛し、在日朝鮮人への差別排斥をあおるデモが行なわれたことにつよく抗議するとともに、「日本人によって差別・排斥、攻撃される者」のひとりとして意思表示をした、「黒い彗星」こと崔檀悦氏を断固支持します。
 街頭で大規模に行なわれるデモにたいし同じく街頭で反対の意思表示をすることは、誰にでも等しくひらかれた権利です。12月4日当日、わたしたちも渋谷でデモ出発地、沿道、駅前の三カ所において排外主義反対のアクションを行ないました。わたしたちに限らず、各地で、またこれまでにも、抗議のカウンターや反対の意思表示が、自律的に行なわれてきました。わたしたちは、排外主義を許さない、組みしない社会をつくりだしていくために、ヘイトスピーチやデマ流言が街頭でばらまかれることをだまって見過ごさない、その場で抗議の意をしめすことが重要だと考えます。

 また今回、黒い彗星氏がやろうとしたことは、両手で横断幕を持ち、座り込む(シットイン)という非暴力直接行動でした。シットインは、「暴行」などというかれにかけられた容疑からもっとも遠い、きわめて平和的な表現手法としてひろく認知されています。また最初から最後までかれがいかなる「暴行」も行なっていないことが、映像から明らかです。にもかかわらず、黒い彗星氏に今回加えられた「制裁」がどれほどひどいものであったか、渋谷署による逮捕がいかに拙速で不当なものであったか、わたしたちが行なったシットインの事例(*)と比べても明らかです。 

(*)2010年10月16日の反中デモに、ヘイトスピーチに反対する会のふたりのメンバー(日本国籍)が抗議のシットインを行いました。詳細は記事を参照ください。
 10.16六本木右翼デモに抗議してきましたが http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-entry-65.html

 シットインや横断幕を見せることは「暴行」ではないし、逮捕されるようなことでもありません。
 しかも映像によれば、逆に、デモ参加者による「暴行」が、黒い彗星氏が横断幕を掲げる間もなくーーすなわち、かれが妨害者なのか、途中からデモに合流しようとする賛同者なのかすら確認する以前にーーはじまっていること、さらにデモ参加者の多くが、デモの遂行よりも、黒い彗星氏への集団暴行を嬉々として優先したようすが分かります。警察が黒い彗星氏を一時「保護」した経緯から考えても、こうしたデモ参加者による集団暴行を認識していたと思われる渋谷署が、今回黒い彗星氏のみを(「保護」ののちに)逮捕したことはきわめて不当です。

 わたしたちは、この排外デモの主催者らが10月31日朝鮮大学校いやがらせデモ(小平市)において、「朝鮮人をころせ!」と連呼していたことを知っています。在日朝鮮人への差別排斥を扇動し、それに飽き足らず「ころせ」と公言するようなレイシストたちに、たったひとりで対峙した黒い彗星氏が、日の丸の竿で羽交い締めにされ打ちすえられ、全治三週間もの大怪我を負ったあげく、逮捕までされたことを、わたしたちは、あからさまな「ヘイトクライム」だと認識します。集団暴行しておきながら被害者ヅラをする排外主義デモ主催者および参加者、不当逮捕した渋谷署と、不起訴にあたって「嫌疑なし」という当然の理由を明記しなかった東京地検に、断固として抗議します。このような官民一体となった差別的・暴力的な風潮をこれ以上許してはなりません。

 わたしたちは、わらパレ2010~蕨市に排外主義は似合わないパレード(告知報告)以来、黒い彗星氏の友人となりました。彼が、無償化排除に反対する運動において、署名集めやデモ参加をする姿を直に見ています。このたびの行動は、突発的なものでも愉快犯でもなく、そのような地道な活動を行ってきた人物によるものであるということを証言します。

 また、わたしたちは、黒い彗星氏が掲げたメッセージ「民族教育の権利を守るぞ!! 阪神教育闘争の精神を受け継ぐぞ! 祖国統一!우리는하나 ANTIFA黒い彗星★」が、わたしたちじしんにも向けられたものと考えます。黒い彗星氏の今回の行動への断固支持を表明するにとどまらず、これらのメッセージをしっかりと受けとめ、うち続く植民地主義を克服することをもって応えていきたいと考えます。

 2011年1月13日   ヘイトスピーチに反対する会

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

無知で無能な在日の方へ

許可を取ってデモを行ってる集団に対し、無許可で尚且つ交差点の真ん中で座り込みをしようとしてた?
道路交通法違反・許可を取ってるデモ隊への妨害行為・有段者の犯罪行為等など
こいつらみたいなのが存在するから無駄な税金かかるんですよ。日本の癌としか言いようが無い。
主張したい事があるなら、黒い彗星も許可取って反対抗議すれば良かっただけの話では?

事実の指摘

黒い彗星を一生懸命擁護しているよね。これは異常です。だって彼は有段者でしょ。有段者があかの他人に向かって暴れることは、傷害ではなく、殺人未遂です。つまり、黒い彗星を擁護することは殺人を奨励していることと同じです。おわかり?在特会などの方々を擁護することは、正常な人のやることです。おわかりかな。在特会などの方々は逮捕されるようなことは、何一つしておりません。彼らを逮捕することこそ不当逮捕です。

西村擁護に必死こいてるコメ主へ

西村擁護に必死こいてるコメ主

主義主張の異なる団体のデモに乗り込む=西村や金友や在特会がしょっちゅうやってる事=逮捕されるべき、ってことですね!どんどんやっちゃって!

感じるもの・・

この手のブログ読んでいつも感じる事は、詐欺グループが食い物を探しているイメージですね。


この北朝鮮系の「ヘイトスピーチに反対する会」も、日本を食い物にしようとする意図が見え隠れしていて興味深いです。

お決まりの、なんでも差別問題に!がモットーなのでしょうが。朝鮮学校への補助金の二重取りや、同じ学校の教諭が強制わいせつやひったくりで自供もあり、そもそも犯罪を犯罪と認識できていない朝鮮学校の教育者や教育方針が誤っていることが解ります。


拉致実行犯の一味も朝鮮学校の教諭でしたし、朝鮮へ帰国すれば、シンガンスのように、犯罪者が英雄になれる国です。


そんな面では、まともな教育がなされている可能性は無いのかも知れませんね。


さて彗星さんの事ですが、主義主張の異なる団体のデモに乗り込んで逮捕されたのが差別だとのブログの記述ですが、正気ですか?


普通プールで泳ぐのも、ルールがあって、泳ぐ方向や流れ間違えたら迷惑がられますよね。その彗星さんは、わざわざ逆の方向から突っ込んでいっているとの事なので、警察にルールを守れと言われるのは当然の事で、それを差別問題にすり替えるのは、余りに浅ましく、卑しい気が致します。

日本人は、世界標準的には結構正々堂々と戦うのが好きなので、そんな戦い方は日本の一般の方々でも受け入れられないのではないでしょうか?このヘイト云々のグループの参加者はかなり少ないように思いますから、今の活動内容や方針が支持されていない事にも早く気づき、朝鮮学校の生徒を救う為には、総連との断絶が第一歩だとの、まともな感性を早く持つべきだと考えています。

指摘

ヘイトスピーチやデマ流言を、街頭でばらまかれるのを、黙って見過ごせない人たちが、在特会などの方々です。決してあんたらではありません。おわかり?

黒い彗星の不当逮捕? あんたらは頭、大丈夫ですか?黒い彗星は有段者です。その人が法律にのっとってデモしている方々に向けて、突っ込んで行った。このことは傷害事件ですよね。つまり、黒い彗星は加害者ですよね。決して黒い彗星は被害者ではありません。黒い彗星を逮捕することは不当逮捕するではありません。警察官の正当な行為ですよね。正常な人ならわかりますよね。
プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。