スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月4日・渋谷の排外主義デモへのカウンター行動報告です。

2010年12月4日、私たち「ヘイトスピーチに反対する会」は「排害社」「在特会」らによる「京都朝鮮学校襲撃一周年デモ」なるものへのカウンター行動を行いました。
「在特会」らは、在日朝鮮人の人権と民族教育を受ける権利を踏みにじる攻撃を行い、再襲撃を禁じる仮処分まで出され、現在は朝鮮学校側が提訴し裁判が続いています。
それにも関わらずその行為を誇るデモを全国4カ所(札幌、仙台、東京、京都)で同時に行う。こんな蛮行を私たちは許すわけにはいかないと思いました。

直近に決まる行動は少人数で動かざるをえないことが多い。それでも今回は7人集まりました。
打ち合わせ後、三組にわかれ、渋谷周辺に移動しました。デモ隊になるべく近づき「民族差別デモ反対」という8メートルのロング横断幕を見せて抗議する人と、渋谷ハチ公前広場で通行人にマイクアピール&チラシ配りを行い、デモ隊が来たら抗議する人などです。
「ああいうデモを通しちゃいけない。風景として受け入れてもいけない。見かけたら一緒に、またはそれぞれが反対の声を上げよう」――それが最も言いたかったことです。

ロング横断幕チームの3人は、出発地の公園近くの歩道で、横断幕を広げる機会を待っていました。
そうしてデモが出発。しばらくして横断幕を広げようとすると、すぐに公安警察が押し寄せ私たちの行く手をふさぎました。それでも前に進もうとしますが、警察の壁はどきません。民族差別をまきちらすデモは普通に通しながら、少しでも反対する者は通さない。

それでも私たちの一人はデモ隊の後ろから抗議を試みました。渋谷消防署付近以降2名の警官を自称する人物(手帳提示要請は拒否)に「保護」を名目として妨害されましたが、デモ隊が丸井前交差点を通過する時点で後方から「民族差別反対」などと叫び、デモ参加者から暴行を受けました。
つきまとっていた警察官と思われる2名も「警察だ」と名乗っているのにデモ参加者から暴行を受け、そのうち1名はメガネを破壊されました。幸い軽傷ですみましたが、どうしてこうした暴行がいつまでも許されるのでしょうか?
そしてその前に、私たちの友人で、この日は自らの立場で別行動を取っていた「黒い彗星」さんの事件が起こっていました。(12.4黒い彗星★救援会ブログ参照 http://d.hatena.ne.jp/free_antifa/)

一方、ハチ公前広場では3人でアピールしていました。「これから外国人差別の、特に在日朝鮮人を差別するデモ隊が来ます。一緒に反対しましょう」――デモ隊を見てきた人が多いのか、割と話しを聞いてくれます。30分ほど続けた後にデモ隊が来たので、スクランブル交差点手前に移動し、「差別を許さないぞ!」「排外主義を許さないぞ!」とシュプレヒコールします。
公安警察がやめさせようと手を出し、デモ隊も挑発してきますがやり続けました。そしてデモ通過後は行動を終えた4人も合流し、8メートル横断幕を広げて通行人に説明を続けました。

排外主義者のデモ隊は今回も通ってしまいました。歩道からの抗議行動は防がれてしまい、ハチ公前でも対角線上からの抗議でした。もっと多くの人が動いていけば、直接彼らに抗議と阻止の意志を示すことができるはずです。それを目指してもっと多くの人々とつながりたいと思います。
同時に例え一人でも抗議の声を上げることが大事ですし、それを誰でも気軽にやれることにしていきたいです。その積み重ねが状況を変えていくでしょう。

そして「在特会」「排害社」に代表される排外主義者の主張は、今や日本政府の「制裁政治」政策と同一化しています。政府は朝鮮半島での砲撃事件を受け「高校無償化の朝鮮学校への適用見直し」を発表し、その後も朝鮮民主主義人民共和国へのヘイトスピーチを繰り返し、米韓の「共同軍事演習という名の威嚇」を支持し続けています。そして12月末には「東京都も朝鮮学校への補助金を留保する」と報道が出ました。
民間と政府で排外主義と戦争の扇動が同時進行している事態を見極め、強く反対していきましょう。

また、ハチ公前の抗議中に以下の出来事があり、私たちはこれに強く抗議・要求をしたいと思います。

1.
ハチ公前での抗議行動に参加していた一人がデモ参加者の行動に口頭で意見を述べるために近づいたところ、デモ参加者から「暴力をふるった」旨の連呼がありました。これは事実に反します。彼女は物理的な暴力の行使をしていません。排外主義者による事実の歪曲に抗議します。
2.
その流れで近づいてきた私服警官一名により、胸を含む身体に触れるセクハラ行為がありました。私たちは、行動中の仲間へのセクハラ行為は、全員への攻撃とみなします。厳重に抗議するとともに、加害者への刑事処分を要求します。多数の警察官が目撃しており、犯人を特定することは容易であるはずです。

私たちはこれからも意見や行動の呼びかけをブログに掲載しますので、ぜひご意見・ご参加をお願いします。

2011年1月11日 ヘイトスピーチに反対する会 http://livingtogether.blog91.fc2.com/

コメント

Secret

追加

デモ行進に向けて、数人でカウンター行動をするにも届け出が必要です。届け出しないで行動をすること自体が法律違反です。警察官から排除されても当然です。それは警察官の正当な職務行為です。

数人で横断幕を持って、がいせんするにも、道路使用許可が、必ず必要です。届け出しないでがいせんすること自体が法律違反です。おわかり?

抗議活動ですか。
8メートルの横断幕?

道路の使用許可届は?
街宣届は?
少人数でも必要ですよ?
我が国日本では。
貴方方の祖国はどうか知りませんが。
逮捕?妨害?阻止?
まぁ…当然だろ?
生ゴミに虫がいたら殺虫剤撒くだろ?
ネズミが家に居たら殺鼠剤使うだろ?
迷惑な違法外人が居たら排除する。
どこに問題がある?
貴様らの国ではどんな立派な擁護している?
インド系人がバスにのったら「臭いから降りろ」と大騒ぎしてバスも発車しないで降りるのを待つ。
どこの国の話ですか?

己の程度を知らぬのか?

京都の朝鮮学校は公園にゴールポストなどをおき、グランドとして使っていました。他の人などに公園を使わせないようにしていました。これこそ差別です。地元の了解をとっていませんでした。
在特会などの方々は公園からゴールポストなどを撤去して、朝鮮学校に返しました。
その公園には滑り台などの遊具があったはずなのにみあたりません。朝鮮学校側が撤去したようです。
在特会などの方々は差別したことはありません。

福岡朝鮮学校の補助金二重取り事件は、何年も続いてるようですね。


去年の夏には、同じ福岡朝鮮学校の教諭による、強制わいせつ事件とひったくり事件もありました。


スパイ養成学校と呼ばれ憤慨し、差別は許さないと差別問題にすり替えていましたが、いかがなものなのでしょうか?


自らの襟を正す事には、興味無いのでしょうか?

北朝鮮こそが日本、韓国に対して軍事的威嚇をしているじゃないか。朝鮮学校に補助金や無償化に反対するのは当たり前でしょう。そんなに無償化と補助金がほしいなら北朝鮮政府に面倒をみてもらえ。日本政府に金をたかるな。反日のハイエナたかりの糞民族が!
プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。