スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月17日(金)に定例街宣やります


ばしょ:新宿駅東口まえ広場
にちじ:9月17日(金)ごご6時30分ごろ

↓当日トラメガやビラで訴えるであろうことの一部↓


高校無償化の朝鮮学校への適用をめぐる問題について、文科省は8月末、「適用は妥当」との審査結果を発表しました。しかしこの審査結果の出る前後から、一部の右翼メディアや右翼市民団体などが朝鮮学校排除をさわぎはじめ、しかもそれに同調するかのように、民主党は政調会で審議すると、強引に結論をひきのばしにしています。

そもそも4月の「無償化」施行の時点で朝鮮学校は「適用保留」つまりいったん排除されたのですが、これ自体がとんでもない差別であり政治弾圧であることは指摘してきました(参照:日本政府は「高校無償化」をネタにした在日朝鮮人への弾圧をやめろ)。

ところで、この4月時点での排除それ自体が、日本の朝鮮への植民地支配の結果として日本で暮らしている在日朝鮮人の、当然保障されるべき民族教育への侵害行為であり、植民地主義の再演だからです。(現に、無償化排除をめぐる報道以降、差別意識と排外感情が社会にあおられ、朝鮮学校に卵が投げつけられたり、通学途中の小学生が通行人に「おまえ朝鮮学校だろう」などとからまれてランドセルを開けられたりと、迫害にもつながりました。)

そして、いまのこの結論ひきのばしは、それ自体が排外主義と植民地主義の上塗りです。
一部右翼がさわいだのを受けて「適用は妥当」の結論を曲げたりひきのばそうとする民主党は、自分たちがそういう右翼の排外主義をあおった主体であるということを自覚せず、自分たちがあおった排外感情に迎合しているからです。

当局はこの不当なひきのばしをただちにやめ、ただちに朝鮮学校に4月のぶんから無償化を適用せよ!
民主党は、朝鮮学校にたいする排外主義をあおった責任をとれ!


コメント

Secret

何故朝鮮学校なんですか

日本国は外国人にも公立学校の門戸を開いています。
これは在日朝鮮人の就学の機会を奪うことには当たりません。
この事の一体何が差別なんでしょうか?

日本が嫌いならば半島に帰れ!!

日本国は日本民族だけの物であって人さらいのチョーセン野郎の所有物ではありません。
日本人のやる事に文句が有るのならばとっとと北でも南でもチョーセン半島にお帰りください。
北朝鮮は拉致被害者を返せ!!
韓国は竹島を返せ!!
(・∀・)ノ~●(ノд<。)゜。

No title

独断と偏見にみちた文章といわざるを得ません。

なんでもかんでも思い通りにならないと「差別」に摩り替えて主張を押し通そうとすることは日本人に対する逆差別です。

日本人と在日外国人を「区別」することは当然であります。

もう少し筋を考えたほうがいいと思いますよ。

違う問題同士を強制融合させる在日。

戦争の結果、というお話ですが政治的決着していますので論外。50年以上も経過して何を言ってるのか。問題を放置しておいたのは誰ですか?

日本が在留朝鮮人を子々孫々、嫌がっているにも関わらず日本政府が長期間勾留しているのか?答えはNOでしょう。

土下座で礼を言うべき日本政府に責任転嫁していますが
この問題が50年以上も長期化している要因は3つ。
・帰属国家による保護責任放棄
・在日コミュニティーの怠慢
・個人の怠慢


文化の象徴である言語も話せない、問題が起きると母国愛を語るが文化を知らない。だけど世話になってる日本は大嫌い。祖国からは完全に見放され、日本人から愛想をつかされた在日はどこへ行く?

在日は何かと歴史問題とリンクさせたがりますが、その正体は、傲慢で自己中心的な外国人労働者集団です。

朝鮮学校を無償化することは、北朝鮮政府を支援することになる。脱北者の支援団体さえ、朝鮮学校の無償化に反対しているぞ。つまり朝鮮学校と北朝鮮政府は一体になっている。高校の授業料無償化は税金の無駄使いでやめるべきですが。朝鮮学校に通わせている保護者に言いたい。朝鮮学校を通うことを辞めさせ、日本の学校に通うべきです。不法滞在しているカルデロンのり子さえ、受け入れてますから。

No title

在日&取巻きの日本ヘイトを許すな!!
在日による日本人迫害に強く反対!!
在日による内政干渉に強く反対!!
在日&取巻きの日本ヘイトを許すな!!
在日による日本人迫害に強く反対!!
在日による内政干渉に強く反対!!

思いやりと平和を愛する、賭博と犯罪のない日本。
NO MORE 在日 WE LOVE JAPAN.

No title

イカれてるね。
感情的なこんなアジテーションが説得力を持つと思っているのか。

地域社会を混乱させ、自らの欲を満たそうとする行為は、見苦しいものです。
プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。