スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【わらパレ2010】蕨市に排外主義は似合わないパレード・ぶじ成功

「ヘイトスピーチに反対する会」も有志で共催した「【わらパレ2010】蕨市に排外主義は似合わないパレード」ですが、急ごしらえにもかかわらず30人以上が集まり、ぶじ成功させることができました。
(「反対する会」声明はこちら。)
デモの前後には駅前でビラ配りと情宣をおこないましたが、ビラを手にとってくれる市民が非常に多く、用意してきた分がなくなりあわててコピー機で増刷したほどです。
ことしは、排外主義への明確なNOを打ち出し、差別反対の声を蕨市民のみなさんと共有することができたと言えるでしょう。

デモの様子は、こちらでも写真つきで紹介されています。
ムキンポのはてな日記

(4.16追記)

11日に蕨市でくばったビラです。
warabi

【ビラより抜粋】「犯罪外国人」ってことば、差別ですよ!
 メディアやインターネットなどで、外国人(とくにアジア・アフリカ地域出身のひとびとを)を指して「犯罪外国人」ということばをためらいもなく使うひとがいますが、このことば自体が差別です。まず事実として、日本全体で犯罪を行ったとして検挙された人(刑法犯検挙人員)の推移をみると、総検挙人員に占める外国人の割合は2%前後で、ここ15年ほどはほとんど変化がありません。(すると日本では日本人の方がよっぽど危険ですね!)
 また、「外国人犯罪」としてもっとも多くカウントされるのは「非正規滞在」つまり滞在期間をこえた場合ですが、これを犯罪とすることには問題だらけです。日本では、景気のいいときには外国人を労働者として、政府が正規の資格を与えないまま日本に居させ、しかもきっちり税金をとっています。(納税は「国民の」義務のはずですが。)そのくせ景気が悪くなると、かれらを「いらない人間」あつかいして排除しようとするのです。これでは、日本政府が外国人労働者に対するブラック企業となっているようなもの。
 「在日特権」などということばを使う人すらいます。これは「特別永住者」という資格をもっている在日朝鮮人、韓国人、台湾人に対して向けられているもの。しかしこれは「資格」であって「権利」ではない。実際、この資格は在日朝鮮人、韓国人、台湾人を日本国籍をもっているひとよりも不自由な地位に固定してしまっています。そして、在日朝鮮人、韓国人、台湾人は、かつて日本が植民地支配というとほうもない罪をはたらいた地域に出自をもつひとびとです。




トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピエロ、ビラ

きのう、しんじゅく アルタまえにて。 なんだ、なんだ、ひとりだけ せが たかいのが まじってるぞ。 ピエロだ!(なかみは リアルサヨクです) 。。。 ちかづいて いいものやら。。。 おそるおそる。 むー。 なんか もってるぞ! こっちみてる。 とりあえず きょりは たもつ

コメント

Secret

No title

植民地支配とか、歴史的に見たら普通でしょ?
植民地支配全般を悪と言うなら、
植民地支配していた土地に対し、何の謝罪も賠償もしていないイギリスやスペイン、ドイツ、フランスの政府に言っておいで。

もっと勉強してからものを言おうね?
おばかさん。

日本における外国人労働者が全体の1パーセントで、外国人犯罪者が全体の2パーセントと言う事は、単純に外国人の犯罪率が日本人の二倍なんだと判断できますね。
プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。