スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『撃論ムック』から取材依頼が来た(後)

※ まず先に『撃論ムック』から取材依頼が来た(前)をお読みください。

3.さて、『撃論ムック』それ自体の批判に戻ります。
この『撃論ムック』という雑誌は、「撃論」というタイトルからしてそうですが、なにやら自誌が「戦う」雑誌とか、秘密を「暴露」する雑誌とか、「抵抗する」雑誌とか、そういうものであるかのようなことを、端々でしきりにアピールしています。
「マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」」、「NHKの正体」、「誰も教わらなかった日本近現代史」、「メディアが死守する戦後レジーム」、「STOP! 日本解体計画――抵抗の拠点をどこに置くのか」、等々、そういうタイトルやアオリは挙げきれません。

そして、わたしたちが批判したいのはそこです。
この雑誌はことさらに「抵抗者」「反対者」のそぶりを見せますが、実際はただの強権主義に過ぎないということを、はっきりと言っておきます。
個々の執筆者がどんな社会的立場にあるのかは(政治家であろうが、年収100万円台のフリーターであろうが)、ここでは問題ではありません。

執筆者たちのメッセージは、要するにこれに尽きます。「国家やマスメディアは、反日(とかれらに見えるもの)をきちんと抑圧せよ、何も言わせるな!」
ただ、それが実際にはそうならないから、現にある政府やメディアの反対者としてふるまっているだけに過ぎません。

政権が自民党であろうが民主党であろうが、問題があれば批判するのは当然のことです。
また、テレビ局や新聞社のようなマスメディアへの批判それ自体も、やるべきことでしょう。
だれでも情報の発信者になれる手段をもつことができる時代にもかかわらず、マスメディアは自分だけが社会に流す情報を取捨選択する権限をにぎっていると思っているのですから。
政権批判おおいによし、マスメディア批判おおいによし、です。

しかし『撃論ムック』のような雑誌による批判の先には、メディアも政府も「日本」という権威をふりまわせ、その権威によって人びとを押さえつけろ、という要求しかない
なんとみごとな体制翼賛。これを「抵抗者」や「反対派」と呼べるのでしょうか。


4.最後にもうひとつ、こういった手合いの矛盾を指摘しておきます。
この雑誌にかぎらず、最近の保守・排外主義は、「印象操作」「捏造」という言葉を多用しています。
おわかりでしょうが、NHKは台湾のドキュメンタリーで「印象操作」を行ったとか、南京大虐殺の死者数は捏造だとか、そういう具合ですね。

ですが、極論すれば「印象操作のまったく入らない純粋に客観的な情報伝達の方法なんてものはこの世に存在しません
まあこれは、どの国でも自国に都合のいいように歴史を書くのだと主張している「つくる会」系の歴史修正主義者のかたがたには、よくおわかりのことでしょう。

では、だれもが好きなように「印象操作」と「捏造」を加えた情報をたれ流してもいいのか?
そうではないでしょう。どのような「印象操作」がされているのかが、そこでは問題となるはずです。

わたしたちは、在特会が差別・排外主義を扇動していると「印象」づけていますが、だからといって、かれらが自分をそう見せようとする「抵抗者」という「印象」のほうが正しいというわけではありません。
どちらの「印象」が正しいかをめぐって、言論や運動が起こるわけで、それ以前にあらかじめ「何が正しいか」が決まっているわけではないのですから。

ただし、これだけは言えます。
あらかじめ「何が正しい印象か」を決めつけているのは、あるいは少なくとも「何が正しい印象か」を日本国家の抑圧メカニズムによりかかって決めているのは、自称「行動する保守」や、歴史修正主義者や、タカ派政治家たちであるということです。

ようやく結論です。
『撃論ムック』は「推進派vs反対派」という印象操作をおこなっています。
本質的には強権的な体制翼賛者でしかない保守・排外主義を、あたかも「抵抗者」や「反対派」であるかのように印象操作しています。
『撃論ムック』編集関係者は、自分たちが国家の抑圧機構に迎合しながら扇動しつづけている差別・排外主義を、あたかも下からの抵抗運動であるかのように演出するのをやめなさい。
自分たちの見え透いた「印象操作」を棚上げして、「推進派vs反対派」といった両論併記のそぶりを見せることをやめなさい。


以上の理由から、わたしたちは『撃論ムック』からの取材をスルーします。
ただし、この記事だけにかかわらず、当ブログから引用・転載については、まったく制限をもうけていません。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「『撃論ムック』から取材依頼が来た」(「ヘイトスピーチに反対する会」)への個人的追記

リアルサヨクって めんどくさいですね。 せんじつの かいぎでも、ゆうがたから はじまって、「いろんな はなしが でているので、とりあえず けつ(終了時刻)を きめよう」ということになり、じっとしてるのが にがてな ぼくなどは ほっとして、「まあ、9時くらいまでになる

強制と選択

「感情の制禦について深い関係があるユダヤ哲学についての宮台ツイートのまとめ」(宮台真司:みやだい・しんじ) http://www.miyadai.com/index.php?itemid=869 わたくしは いつも激高し、泣いて、こぶしを にぎりしめている。 感情的になってるって? ああ、そうなんだよ

コメント

Secret

No title

逃げた事に対する言い訳を考えるのに必死ですね。
んな事言ってもあんたらのおかしさはもう充分拡散されてるよw

嘘が簡単に通用しなくなった時代

テレビタックルで全国に在日韓国人=強制連行の大嘘が暴かれちゃったね(爆笑)
ここのブログ主は取材が怖くて逃げるヘタレだし
左翼運動してるのは組合から動員されたような老人ばかりだし
このように左翼が縮小してるのもインターネットで多様な情報が共有されるようになったからだね
全く嘘つき左翼には生き辛い世の中になったものだ(笑)

No title

そんなことでは、引きこもって自己満足するだけでしょ。取材を受ければいいだろ。自分の意見に自信があるなら。
逃げてるだけでしょ。そういう人間が言論封殺とレッテル貼りしかできないんだよ。このエントリーでもせっかく取材をしたいと思った西村幸祐氏への敬意もないんだからどうしょうもありませんね。

No title

この団体の名称は「ヘイトスピーチに反対する会」なんだから、在日外国人への差別的な言動に対しての反対運動だけをするべきではないか?
日の丸反対とか日本の加害の歴史うんぬんとかは管轄外の話であって、ヘイトスピーチとは直接には関係ないだろ。
おたくらはヘイトスピーチ反対運動だけをやっていればいいのであって、日の丸反対みたいに外国人への差別的言動への反対運動と関係ないカテゴリーのことにまで口をはさんでるからネット住民から文句言われてるんじゃないか?
だって「ヘイトスピーチに反対する会」なんだからヘイトスピーチ反対以外のことまで口出すのは越権行為でサギじゃねえか。
何でも屋になる気か?
ヘイトスピーチ反対だけでなく、これまでの記事でおたくらの主張のなかに
外国人参政権賛成、日の丸反対、日本の戦争責任を表明したよな?
そしたら今度は自衛隊反対、日米安保反対、死刑反対、夫婦別姓賛成、少年法改悪反対、派遣労働反対、消費税反対、生活保護審査厳格化反対、もうありとあらゆる運動に手を広げるつもりか??
どこかで自分たちの運動の専門範囲の領域の線引きをきちっとしろよ。

No title

>印象操作のまったく入らない純粋に客観的な情報伝達の方法」なんてものはこの世に存在しません。

だからこそ、できるだけ客観的な歴史を一生懸命探求してるわけでしょ。
「この世に存在しません」で終わりなら
それこそ印象操作も捏造も容認してると思われても仕方ないですよ。
ましてや「正しい」とあなた方が判断した「印象」なら
OKという理屈は意味がわからない。
あまりにも独断的ではありませんか。
在特会は少なくとも本当の歴史は何だろうって
いろいろ勉強していますよ。

No title

はじめまして。わたくし加賀と申します。
ネットサーフィンしててここのサイトにたどりつき、いままでの記事や書き込みを拝見させていただきました。
いきなりで恐縮ですが、ヘイトスピーチに反対する会さんの見解を拝聴したいことがいくつかありますので、少しだけお付き合いくださらんか?

ヘイトスピーチに反対する会さんの言い分として、在特会らの排外主義・悪質な差別的行動や言動に対して強く抗議しているのだというのはよくわかります。
日本国内の弱い立場に追いやられている在日外国人たちを襲撃することが許せないという義憤からこのようなヘイトスピーチ・差別に反対運動を起こしているのだなと感じます。また、日本人からの迫害におびえる彼らにとって、あなた方の存在は非常に心強いものと察します。
私も、自分がもし海外で生活していてとりわけ日本人を狙い撃ちした外国人排斥運動が起きたとしたら・・と自分の身に置き換えて想像したら、在特会らの排外主義って在日外国人にとってすごく恐いものだろうなと想像します。あなたがたの差別反対や排外主義の恐怖から在日外国人を守りたい!という純粋な想いは支持します。

で、いままでの書き込みからヘイトスピーチに反対する会さんの主張を拝聴したところ、日本は戦争でアジア諸国に甚大な被害を与えた。侵略戦争の加害の反省から日の丸は認められない。というような趣旨のことをおっしゃっております。
また永住外国人の地方参政権の賛否について、ヘイトスピーチに反対する会さんの立場は日本で暮らす地域の仲間たちとの多文化共生との観点などから、肯定的ですよね。多文化共生をキーワードとして、外国人への差別反対とともに外国人の権利拡大も大事だと。

で、少し気になったのが、多文化共生の観点もあるんでしょうが、ヘイトスピーチに反対する会さんの主張の根底に、罪償い的な戦争責任の贖罪感というのが見え隠れしているように感じるのですがいかがでしょうか?
この戦争責任の贖罪意識で、申し訳ない思いのする在日外国人とりわけアジアの韓国・朝鮮人や中国人には優しくしないといけないというのがあるのではないでしょうか?

私思うんです、ヘイトスピーチに反対する会さんは優しい方だと。右の連中から突き上げられても、在日外国人の方々のことを真剣に思ってあげているんだなと。
弱者の立場にたつあなた方の優しさは素晴らしいと思います。今後も在日外国人を守ってあげてほしい。これは自信持っていいことだと感じます。

で、そういった思いやりのお気持ちはよくわかるんですが贖罪意識から、相手の言い分や欲することに合わせて応えてあげなければという部分もあるのではないかな?という気もするんです。

で、見解をうかがいたい事項があります。
質問1
ヘイトスピーチに反対する会さんの主張である、日の丸反対、外国人への差別反対と外国人の権利拡大擁護には、もちろん多文化共生もあるが、罪償い的な戦争責任の贖罪感も要素として含まれているのではないか?
質問2
ネットで話題になっている民主党の円よりこ議員が提案しようとしている「外国人住民基本法」の法案をどう思いますか?
ヘイトスピーチに反対する会さんのおっしゃる「生きることは犯罪ではない」というのは私も、当たり前のことであり文句のつけようのないことで、その通りだと思います。ただ、入管法とかの法律と人権とのバランスってほんと難しいですよね。
個人的には、この法案の内容にあるどんな方法でも不法滞在でも3年住めば永住権とれるというのは、ちょっとやりすぎでは?と思ってるんですが、この法案いかが思われますか?
やはり多文化共生と贖罪の観点から賛成ですか?

回答お待ちしております。

バカチョン

俺が一番腹が立っているのは朝鮮人右翼だ。真の保守勢力を危険分子であるかの様なイメージを与える極めて悪質な団体だ。黒塗りの下品な街宣車。低脳なトークというより怒号。邪魔だからお前らキチガイと一緒に半島でもどこでも帰って下さい。

No title

ネットが普及してからの自民の凋落っぷりと、親韓派の増加を見てると
みんなマスコミに騙されなくなったんだなぁと実感する。

いつまでも逃げるなよみっともない

洗脳アホ左翼は歴史捏造大好きだもんな
民団の人間もネットなどの媒体により「在日は強制連行されて日本にいる」って嘘が暴かれてきて在日に対する風当たりが強くなってきてることを危惧してるとさ。完全に自業自得だけどなw
もちろんブログ主は徴用で日本に来てそのまま日本に残った在日は1959年で245人しかいないって知ってるよな?
もしかしてこれも右翼による歴史修正だ!とか言うのかな?www
逃げてばっかりでないでたまには反論してみろよ
知識もない知能もないあるのは日本が間違ってるという感情論だけの捏造左翼には難しい話かwww

No title

お前たちは、不法入国、密入国して来た、在日韓国人の不法滞在の犯罪行為を、
何故糾弾しないのかね?
不法行為と言う悪を憎み、正直に生きる者を助けるのが、あなたの役目じゃ無いのか。
何故、逆のことをするのか、理解に苦しむところだ。

→歴史修正主義
修正はおろか歴史をさんざん捏造して来たのは保守派じゃなくて左派の人間達だろ…
一昔前まで在日韓国人は自分達は強制連行されて日本に連れて来られたと大声で主張していたのに昨今では生活が厳しくて日本に来たとか主張を変えてますね
具体例として朝日新聞「声」での在日の柳さん
これも歴史修正主義ですか?(笑)

今回も逃げずにどうぞお答え下さいね

平和な日本に何文句言ってるの?

またまた、訳の分らない言い訳のエントリを有難う。
日本と言う権威とか、日本国家の抑圧システムって?
あなたは、いったいどこの国の御方でしょうか?
そんなに日本国、日本国民が嫌いならば、日本から出て行けば良いだけのことじゃないでしょうか?

外国人の国政参加が大前提の被差別主張。
「叩き出せ」と言われて当然。
日本国民なら売国奴、外国人なら侵略者、と呼んであげましょう。
特定アジア人ならキチガイと呼んでやろう。

No title

まず、激論×→撃論○ですね。名前を間違えるのは失礼極まりない行為だと思います。名前を確認せずに書いた時点で、執筆者の人間性、注意力、判断力を疑わざるを得ません。取引相手だとしたら、信用に値されないでしょう。

さて、外国人参政権問題ですが、そのような特権は、中国やロシアはもちろん、移民国家のアメリカでさえ外国人には与えていないのに、どうして日本で外国人に参政権を与えなければならないのでしょうか。
参政権反対に組みする立場が、差別・排外主義であるならば、アメリカや中国、ロシアなど、世界200カ国のうち、約180カ国の地方参政権を求めていないすべての国家が差別・排外主義ではないですか?w
日本に参政権を求める前に、まずは中国を民主化するとか、全世界の国に一斉に参政権を要求し、同時に相互に認めなければ、先に認めた国が、侵略されるということになってしまいますよ。
日本人を在日韓国人や中韓の奴隷にしようとの行いは、もういいかげんに止めてもらいたいですね。
在日外国人は、祖国の参政権を持っているのですから、そちらを行使してください。ずうずうしく日本の参政権までをも求めないでください。

外国人地方参政権付与賛成派の理論的支柱であった、長尾一紘中央大学教授は、合憲という主張から違憲であると変わっていますし、地方参政権付与推進派が根拠としていた、最高裁判決でさえも、「傍論」部分でしかなく、それさえも、判事による政治的配慮でしかないことも明らかになっていますよ。


左翼や在日などの反日勢力が主張する「従軍慰安婦」や「強制連行」という捏造歴史に反対することが歴史修正主義であるならば、真実を語ることができなくなりますよw
左翼在日などの反日勢力が主張するの嘘や捏造歴史、そして「差別」「排外主義」などというキーワードを使って、嘘の歴史を言論で糺そうという行いを貶めようという行為にはもうウンザリです。
プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。