スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御礼とご報告 その1

 1250266652.jpg

 8月14日「ヘイトスピーチは許せない!『行動する保守!?』にどう向き合うか」集会、なんと200名以上の参加をいただき、妨害もなくぶじ開催することができました。

 発言予定者やプログラムをまったく告知しない、しかも「6時間もいったい何やんの !?」という、前代未聞のアヤシゲな集まり & 暑いさなか、しかも平日にもかかわらず、足を運んでくださった参加者のみなさんに、あらためて実行委一同、こころより御礼申し上げます。
 
 第1部では、“街頭での対抗行動から見えてきたこと”をテーマに討論を行ないました。
 このかん各地で「行動する保守」に対し、抗議のアクションを行なった関係者が一同に会すのは、もちろん初めての試みです。

  4月11日「生きることは犯罪じゃない」inわらび行動(東京)
   http://ikirukotowa.blog22.fc2.com/

  6月13日 外国人排斥を許さない6.13緊急行動(京都)
   http://613action.blog85.fc2.com/

  7月18日 7.18 緊急行動~在特会・救う会などの
       差別・排外主義を許さない集会・デモ(大阪・鶴橋)

  7月20日 排外主義によく効く表現行動!(福岡)
   http://720action.blog85.fc2.com/

 会場からも、この集会の告知後に起こった三鷹市での「慰安婦展」妨害事件(8月1~3日)を目の当たりにしての感想や、「行動する保守」の人々の言動パターン分析など、さまざまな意見が交わされました。

 第2部では、“リレートークと全体討議”とし、まずは「行動する保守」の煽動がまかりとおってしまう日本社会の問題点、政策レベルでの外国人排斥の実態について、専門家の方からお話をいただき、その上で、これまであまり問題にされてこなかった、あるいは見えていなかった「行動する保守」運動含む右翼からの暴力的いやがらせの実態について、さまざまな現場からご報告をいただきました。

 在日コリアン当事者からのお話、寄せ場支援の現場など数十年にわたり右翼と対峙してきた人々からの報告、「行動する保守」から妨害予告された8月8日の富山市での「慰安婦問題講演会」関係者からの報告など、多岐にわたるものでした。

 全体討議では、「どう向き合うか」というところで、私たち実行委の集会のつくり方そのものへの批判や、抜け落ちている視点(たとえばジェンダー)への言及もあり考えさせられるとともに、多角的な対抗運動の必要と可能性をあらためて感じさせるものでした。

 (つづく。文責・kyubi)


コメント

Secret

プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。