スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「外国人犯罪増加・凶悪化」のウソ

※ この分析記事は「外国人排除デモに反対する会」ブログからの転送です。このアクションは、「ヘイトスピーチに反対する会」結成のきっかけとなっています(参照)。
_____________________________________________________

 「不法滞在の外国人が増えたから、犯罪が増加している」、または「外国人の犯罪が凶悪化している」などと、テレビや新聞や雑誌などで報じられていることを耳にしますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

 人権団体アムネスティ・インターナショナル日本では、下記のようなデータをまとめ、発表しています。
 外国人犯罪が増加している・凶悪化している、といった内容を裏付けるデータは出ていません。
 しかし、マスメディアが何らかの意図をもって、外国人の犯罪について多く報道した場合、実際の犯罪件数は変化が無いのにもかかわらず、感覚として外国人の犯罪が多くなったように感じてしまいます。

 根拠のない安易な情報に踊らされ、偏見や差別の色眼鏡で外国人を見ることなく、共に生きる道を模索していきたいです。

アムネスティ・インターナショナル日本
「外国人犯罪増加・凶悪化」のウソ
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2289

 ‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥  ‥‥‥‥‥

Q. 外国人による犯罪は急増しているの?
A. 警察発表の数字を見る限りでは、急増しているという証拠はありません。

日本全体で犯罪を行ったとして検挙された人(刑法犯検挙人員)の推移をみると、総検挙人員に占める外国人の割合は2%前後で、ここ15年ほど、ほとんど変化はありません。

「外国人犯罪」大きく見せるトリック・・・特別法犯
「外国人の犯罪」と言われるものの中に、「特別法犯」が含まれています。特別法犯とは、刑法犯(刑法など、いくつかの法律や罰則に規定さ
れている罪)を除く全ての犯罪を指します。
外国人の特別法犯の8割は入国管理法の違反であり、これは日本国籍者にはほとんど適用されません。
そのような特別法犯の検挙件数や検挙人員と、刑法犯のデータを合算すると、統計上、「外国人犯罪」の割合が高くなります。

Q. 「外国人犯罪」は凶悪化しているの?
A. 凶悪化した証拠はありません。
凶悪犯とされる犯罪(殺人、強盗、放火、強かん)は、日本人でも来日外国人でも、一般刑法犯の1%を占めるにすぎません。(来日)外国人だから日本人よりも凶悪な犯罪を犯す率が高い多いというような統計上の証拠はありません。


Q. 「不法滞在者(非正規滞在者)」は犯罪の温床ですか?
A.
まず、日本における非正規滞在者の数は、2008年現在で推計で約17万4000人いるといわれています。
では、17万人を超える「不法滞在」と呼ばれるの外国人の全員が全員、日々、強盗や窃盗などの犯罪を犯しながら日本に暮らしているのかということを考えてみてください。単純に考えても、それは違うと感じると思います。
 つまり、マスメディアで報道される外国人の犯罪とは、日本にいる外国人の中のごく一部の人々の行為であり、ほとんどの「不法滞在」と呼ばれる外国人は、毎日、職場に行ったり、学校に行ったりしながら、生活を営んでいるのです。

 そして、日本全体の一般刑法犯の検挙人員における外国人非正規滞在者の割合は、わずか0.4%に過ぎません。また、日本で「凶悪犯」として検挙される人に占める非正規滞在者も2%前後です。
 非正規滞在者の存在が犯罪の温床となっている、と言える証拠はありません。

コメント

Secret

プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。