スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後70年首相談話の「独自案」をめぐる討論会 (8月14日)


討論会 戦後70年・日本人民は何を振り返るべきか
~首相談話「独自案」をたたき台に~



■日時 2015年8月14日(金) 18:00開場/18:30開始
■場所 なかのゼロ 西館1階 学習室A・B
 東京都中野区中野2-9-7 中野駅南口・徒歩10分

■内容 
1.「日本国首相・戦後70年談話」(独自案)の発表
 ヘイトスピーチに反対する会
2.「独自案」と日本の現状についてコメント
 千地健太さん(朝鮮学校に教育保障を! オッケトンムの会)
3.会場全体で討論

■資料代 500円
■主催 ヘイトスピーチに反対する会 livingtogether09@gmail.com


今年は戦後70年。安倍晋三は新たな首相談話を発表すると予告していますが、それをめぐって国内では「安倍首相は何を言うのか」「中国や韓国はどう反応するのか」といったことばかりが論じられています。

そんなことでいいのでしょうか。

首相談話をめぐる議論は、戦後日本の国家体制が何をしてきたか、何をしてこなかったのか、今後どうするべきかをめぐる、日本人民による主体的総括の機会とすべきではないでしょうか。そしてこの総括は、国際反ファシズム同盟にたいする日本帝国主義の敗北という事実の認識にもとづいて、行われるべきではないでしょうか。

そのような考えから、当会では、首相談話の「独自案」を作成しました。この「独自案」は、日本国首相、自由民主党、公明党、その他国会に議席を有する政党に送り、検討を要請する計画です。

しかし政党だけに議論を任せるのではなく、市民社会においても議論を発展させていかねばなりません。つきましては、上述のとおり討論会を開催しますので、万障繰り合わせのうえ、ぜひご参加ください。



コメント

Secret

プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。