スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人種差別撤廃条約の誠実な履行を日本政府に求める決議(案)

先日の「学習会」では、「差別撤廃東京大行進」で掲げるべき要求について、主催者から我々に質問があり、それに対して「決議文の作成には協力する。主催者の会議にも参加する」と申し出たところ、「メールでいい」との回答を受けました。
そこで昨日、我々は「人種差別撤廃条約の誠実な履行を日本政府に求める決議(案)」を作成し、http://antiracism.jp/contact を通じて「大行進」主催者に送りました。

また、同じ決議案をビラにして、本日に配布しました。

ところで、この決議案が「大行進」出発前の集会で採用されたり、参考として使われたりしたかどうか、我々は知りません。というのも、つぎのようなことがあったからです。

9月22日「差別撤廃東京大行進」での宣伝妨害への抗議声明

0922flyer1.jpg0922flyer2.jpg

【オモテ】
人種差別撤廃条約の誠実な履行を日本政府に求める決議(案)

 本日行われる「差別撤廃東京大行進」(於・東京都新宿区)は、日本政府による「人種差別撤廃条約の誠実な履行」を、要求として掲げています。そこで私たちは、このデモンストレーションにふさわしい決議案を、考えてみました。これを集会決議としませんか? 決議案の根拠としては、裏面もお読みください。

2013年9月22日 ヘイトスピーチに反対する会 livingtogether09@gmail.com


内閣総理大臣 安倍晋三 様

人種差別撤廃条約の誠実な履行を日本政府に求める決議

 日本は1995年に人種差別撤廃条約を締結しましたが、その内容を実現するための具体的な政策を、ほぼまったく導入していません。同条約を日本が誠実に履行していると言えるためには、以下のことが必要であると考えます。これらを速やかに実現するよう、われわれは日本政府に要求します。

1. 国内法においても差別扇動を禁止すること(同条約第4条 a および b の批准)。
2. 国内の被差別諸集団への積極的な権利保障の政策を推進すること(同条約第5条を踏まえて)。
3. 日本国内での差別問題について個人が国際機関に訴え出ることができると、国際的に宣言すること(同条約第14条に基づいて)。
4. 国による人種差別の助長・扇動を禁止すること。その対象としては、議員や知事などの公人による言動、警察や入国管理局などの公権力や公的機関による活動や広報が含まれる(すでに批准されている同条約第4条 c に基づいて)。
5. 国や公人による外国人差別・敵視の助長を根本的に防ぐために、戦前の帝国体制の美化や戦後責任からの逃避をやめること。具体的には、「慰安婦」や強制労働に動員された人々への個人補償、国内の植民地出身者(の子孫)に対する権利保障、帝国期から引き継がれた天皇制を廃し国旗・国歌を改めること、軍国主義を温存する施設(靖国神社など)への援助をやめること、などが含まれる。

2013年9月22日 「差別撤廃東京大行進」(於・東京都新宿区)参加者一同


【ウラ】
ここがヘンだよ! 人種差別撤廃条約にかんする日本の解釈・態度
※ 外務省「人種差別撤廃条約 Q&A」も参照。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/top.html

・国ぐるみの差別はどうなる?
 条約第4条(処罰義務)の c では、「国又は地方の公の当局又は機関」による差別の助長や扇動を禁止していますが、これを日本は受け入れています。しかしながら日本は、国や公的機関による差別をみずから正す意思があるのでしょうか?
 公的機関が差別的な政策をおこなう最近の例としては、2010年施行のいわゆる「高校無償化」が、私学・外国人学校も助成(完全無償ではない)の対象に含めながら、朝鮮学校だけを排除していることが挙げられます。この措置をきっかけとして、地方自治体において朝鮮学校が獲得してきたわずかな補助金すら攻撃され、レイシストによる朝鮮学校への迫害や悪宣伝も多発しています。これこそまさに「国」による「差別の助長」ではないでしょうか?
 在日朝鮮・韓国人の他にも、部落民、アイヌ、今では日米の共同軍事基地として扱われている沖縄、条約に基づく適正な受け入れ手続き・待遇を受けていない難民が、日本で差別を受けていると、国際社会は懸念を表明しています(人種差別撤廃委員会の2001年「最終見解」等)。

・差別煽動者を野放しでいいの?
 条約第4条の a と b は、人種差別を法的に処罰しなければならないと定めています。しかし日本は、憲法上の「表現の自由」が制限される恐れがあるとして、これらの条項だけを受け入れていません。しかしながら、レイシストによる差別の扇動こそが、被差別者の自由と人権への侵害であり抑圧ではないでしょうか?
 くわえて、誰の言動が制限されるべきでしょうか? 在特会のような露骨なレイシスト団体だけでしょうか? 差別発言をして野放しにされている石原や橋下のような政治家は? 黒塗りの車から大音量で排外主義的な言葉をまき散らす街宣右翼は? 「外国人犯罪に注意」などという標語を使って外国人敵視を煽り立てる警察や入国管理局は?

・「国籍による区別」は差別ではない?
 条約第1条の2では、「市民と市民でない者との間に設ける区別、排除、制限又は優先」については、条約の対象外としており、外務省もこの点を強調しています。
 しかしながら、すべての「国籍による区別」が中立的・合理的なものと言えるのでしょうか? 在日朝鮮・韓国人および在日中国(台湾)人は、たんにマイノリティとしてこの国の人口の一部をなしているのではなく、帝国日本による植民地支配の結果として、この国に暮らしているのです。近代日本の膨張主義・侵略主義がなければこの国にいなかったであろう人々に対して、「国籍による区別」を根拠に権利を制限し、「それが嫌なら日本国籍をとれ」と強いることは、植民地期と本質的には変わらない同化主義ではないでしょうか?
 以上のことは、日本人が自国の過去をどう考え、どのような未来を望むかという問題にも関わってきます。近隣の諸民族を低く見て、支配の対象として扱い、安い労働力や、戦時には「慰安婦」という名の性奴隷としても動員してきたことを、戦後にはなかったことにし、いまだに帝国日本の象徴である日の丸を掲げ、天皇を戴く。このような内向きの無責任・無反省国家として日本が今もあることと、人種差別撤廃条約のような人権条約が日本においては形骸化されてしまうこととは、深いつながりがあるのではないでしょうか? そのような国のあり方を変えるための主体的行為として、日本人は人種差別の歴史的な根を直視するべきではないでしょうか?


コメント

Secret

差別の定義を教えていただきたい。
韓国人に日本は「強姦の国」と言われ、賠償金や謝罪まで未だに求められる始末。
日韓基本条約を相手から放棄したも同然。
もう韓国人の人権は保障する義務はないというのに、それでもまだその義務があるとおっしゃるのですか?
日本人は人種差別の歴史的な根を直視するべき…?
ふざけるのも止めていただきたい。歴史をもう一度勉強しなおすべきです。
日本だけが差別を行ってきたんですか?違うでしょう。
何もそこまで大きく騒ぎ立てる問題でもないでしょうに、自分のエゴでここまで騒ぐとは、迷惑です。
日本が悪い、日本人の思想が悪い、と教わってきましたが、本当に悪いんですか?
貴方たちが言うほど、差別が浸透してるんですか?
その裏に隠された苦渋の決断なり、それぞれの思いをちゃんと理解したうえで、言ってるんですか?
もしそうだとするならば、貴方たちの頭の出来を疑いたくなります。

外国人犯罪に注意、そんなの当然でしょう。
日本はある意味、平和ボケした島国です。
他国に比べ犯罪件数は少なく、「犯罪」というものに無頓着です。
外国では「犯罪」というのは日常茶飯事。それを警戒して何が悪いのか、分かりませんね。
「外国人はいい人。警戒しないでね。万が一事件に巻き込まれたり、悪戯されても恨んじゃいけないよ。だって、みんないい人なんだから」
とでも言えば満足ですかね。

反日活動家がこんな会を開いてるとしか思えませんね。
日本を誇りに思えないのが、可哀想でなりません。
自分の生まれた国すら信じられないで、何を信じろと言うのでしょう。

あんたらは、先の大戦で戦った祖父達に「強姦者」のレッテルを貼り、国の税金が一円も入ってない一民間宗教法人である靖国神社を燃やせと宣う差別者振りが見事に表れた身勝手な作文やな。

これを「東京大行進参加者一同」と…厚顔無恥な案やわ。
プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。