スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目下の「在特会」のヘイトデモ及びそのカウンターに対する声明

 2013年の年初ごろから、日本在住の朝鮮半島に出自をもつ人々を主に攻撃する「在日特権を許さない市民の会(在特会)」は、いわゆる「コリアン・タウン」が形成されている大久保地域で、頻繁に排外主義的なデモを行うようになり、またデモ後に「お散歩」と称して、付近の商店に嫌がらせ・暴行を繰り返しはじめました。
 これに対し、国籍にかかわらない多くの市民が反対の声をあげ、東京ではしばき隊やプラカ隊のようなカウンター勢力が組織されています。在特会のようなレイシスト集団に対して市民が反対の声をあげるのは当然です。私たちヘイトスピーチに反対する会も、過去に何度か在特会に対するカウンターを行ってきました(*1)。
 
 一方で、私たちはこのかんのカウンター行動に対してもいうべきことがあります。
 このかんのカウンター行動の特徴は、日本における朝鮮半島文化の象徴的な場所としての大久保地域、あるいは鶴橋において、レイシズムの暴力が直接的に蔓延するのを防ごうとするものです。ところがその中に、レイシストに打撃を与えるためにあらゆる資源を動員することを要求し、障害差別・学歴差別・年齢差別・性差別などあらゆる暴言、差別に対して差別で返すという暴力をカウンターの現場に持ち込もうとする一派がいます(*2)。
 また、「在特会に反対する」一点のみで結集した行動ということで、その中には在特会とほとんど変わらないような正真正銘のレイシストも、可視化されている範囲においても混ざっているのです。たとえば朝鮮学園の「無償化」に反対であることを公言する者など。
 にも関わらす、このかんのカウンター行動は総体として、「反レイシズム」であることを自認しています。私たちはこれにたいして、大きな危険を感じています。
 
 私たちは在特会に対してカウンターをおこなうさいも常に、在特会が差別の本丸ではないということを確認してきました。朝鮮学園「無償化」除外、性奴隷制としての「慰安婦」問題の否認、朝鮮民主主義人民共和国に対する敵視と制裁の政治(*3)、人権を無視した入国管理政策などの一連の差別政策は、在特会ではなくて日本政府そのものが行ってきたことであり、日本社会はそれを容認してきたのです。このかんのカウンターにおいては、日本政府がレイシズムを取り締まらないことが問題とされてきましたが、そうではなくて、日本政府自体がレイシズムを行っているのです。在特会は確かに、街頭であからさまな差別を行っています。無視していいとはまったく思いません。しかし、差別の本丸は在特会ではなく、日本政府、日本の「市民」社会であるのです(*4)。
 こうした見地にたったとき、反レイシズムを反在特会に切り詰めるような運動(たとえばこのかんのカウンターの中には、たった一握りの市民(残念ながら、それが事実です)が在特会に直接反対したことをもって、日本の市民社会はレイシズム許容していないという「ウソ」を主張する者や、日本の「民度」の高さに感動し、日本に対するナショナル・プライドを高揚させてしまう者さえいる有様です。)は、根本的な構造の問題を隠蔽し、それを免罪し、反差別において大きな連帯をつくっていくことさえ阻むでしょう。
 
 今、私たちはもう一度、反差別の線を引きなおさなければいけません。それは、在特会と日本社会の間にではなくて、差別的な日本社会の中枢に食い込むものでなければなりません。私たちも含めてこの社会の構成員がもつ日常的な差別意識について、そのような差別意識を問われることなく参加できる運動であってはなりません。もちろん最初からあらゆる差別意識を変革させることは無理だとしても、少しずつその意識をといていく志向性をもった運動でなければなりません。それは、中途半端で微温的な「仲良くしようぜ」ではなくて、批判や議論、さらには分裂や結合の可能性にさえ開かれた運動でなければなりません。個人主義を理由とした無責任を正当化するのではなくて、場をつくる責任を全体で持ち合うような運動でなければいけません。
 
 このような問題意識のもと、私たちは反レイシズムをうたっている集団として、反レイシズムの運動に取り組んでいきたいと思っています。9月22日、東京で、「人種差別撤廃をもとめる東京大行進」というデモがあるそうです。反差別の趣旨に賛同し、わたしたちも参加しようと思います。どうぞ一緒に歩き、語りましょう。
 
*1 
・http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-category-9.html
・http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-entry-85.html
等々。また在特会だけではなく、同様の右翼団体である「頑張れ日本!」にも抗議を行いました。
・http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-entry-65.html
*2
カウンターの現場で暴言を放っていたのはけして全員ではない、という報告を受けています。
他方で「ブス!ババア!」という性差別的な暴言などをカウンターの側から聞いたという報告も複数の方から受けています。
*3
・http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-category-7.html
(リンク記事には古いものも多く、現在の視点からは発展的に更新されるべきものもあるかもしれません)
*4
・http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-category-11.html
(リンク記事には古いものも多く、現在の視点からは発展的に更新されるべきものもあるかもしれません)

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

No title

これだけの人数が在日特権の既得権益でちゅーちゅーやってる側なのか…。本当に乗っ取られる寸前どころか半分乗っ取られているわけだな。日本は。

まともな日本の納税者の皆さん、そろそろちゃんと行動を起こさないと本当に時期に来ているのかもしれない。

会内部の多様性

野間さんのコメントについてですが、人種差別に反対するという目的を共有していても、そのための手段や方法についての意見が違うなんてあって当たり前。特定のデモに参加するべきでないと言う人と、ぜひ参加したいという人が、同じ会の中にいてもまったく何の問題もない。
会として何かに取り組んでいても、その会の方針に反対の人が会内部にいても、そのことを公言しても、何の問題もない。
と思います。むしろ、そういった意見の違いや、ある時点での選択の違いがあるにも関わらず、同じ会として活動できていることは、会の活動の豊かさ、会内部の多様性を保証する豊かさとして、積極的に打ち出したらいいのに。と思いました。

勉強会に行った人から…

「人種差別撤廃条約の実現のために日本がするべきこと」について、へ会の意見 →日の丸、君が代、靖国神社、天皇制の廃止。

だからお前らバカ言われるねん。

それから野間氏の質問回答したん?

参加したらダメでしょう。

No title

ブサヨ顔面キムチレッドwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

右のキチガイと左のキチガイで潰しあって下さい

No title

アドルフ・ヒトラーの肖像を掲げるドイツ人学校に、
肖像画を撤去させる為に圧力かけたら、
「ドイツ人差別」ですか?w

No title

ヘサヨを自認してます。

カウンター側の動きを見ていると、ヘイトスピーチに反対してるのか在特会に反対してるのかがわからないんです。
あの人たち、ヘイトスピーチでヘイトスピーチにどうやって反対するんでしょうか?
しばき隊の人たちはそれ、しばかなくっていいんですかね?

No title

朝鮮学園の「無償化」に反対であることを公言することが差別なら、韓国民団も差別主義団体ってことでいいんですかね、ヘサヨさん?

駄コメ失礼します

そんなに知識のある者ではないので抽象的で的はずれで感情的なコメントで失礼します。
いわゆる「ヘサヨ」と呼ばれる人に対する発言と取っていただければ。

まず、新大久保等での在特会らのデモに対するカウンターの方々が、在特会のレイシズム以外の差別について無頓着だという指摘について。在特会らの路上での民族浄化発言、ヘイトスピーチは、明らかに度を越しており、ヘサヨの人が指摘するような曖昧な「無意識下の差別」とは次元が全く違います。だから対抗言論としてカウンターも差別発言をしていいと言うつもりはありません。明らかな差別発言については指摘し合うことも必要です。しかしそもそも在特会やネット右翼に代表される「快楽的差別」とヘサヨの言う無意識下の「消極的差別」は本質的に別物です。よって在特会の憎悪的かつ快楽的な路上でのヘイトスピーチをやめさせることと、「無意識の差別」をなくしていくこととは全く意味合いが異なります。前者はいわば「象徴」です。路上で快楽的なヘイトスピーチを行う者を許さないのだという象徴です。
ヘサヨの人なら詳しいでしょうが、今ロシアでは同性愛者に対する凄惨なヘイトクライムが続いています。アメリカでもレイシズムを根元とするヘイトクライムについてよく聞きます。ロシアやアメリカのような先進国でさえその状況です(国が違うから簡単に比べられないと言われそうですが)。しかし日本ではそのようなヘイトクライムはほぼ聞きません。一方で在特会のような連中が公然とヘイトスピーチを行っている。これに対して理屈も何も関係なく抗議の声を上げるのが正しい在り方のはずです。新大久保で抗議したところで全ての差別が消える訳ではないことなど、重々承知の上です。理屈ではありません、あれに抗議するということは日本の路上は少なくとも憎悪的で快楽的なヘイトスピーチを許さないのだという既成事実を作ることです。まともな心を持っているのだと証明することです。新大久保という場所はそういう「象徴」の場になったのだと思います。

「象徴」の例として、日本での同性婚の問題があります。これもヘサヨの人なら大分お詳しいでしょうが、近年日本のセクシャルマイノリティの間では同性婚の成立への意気が高まっています。メディアも将来の同性婚の成立を前提とした報道を度々行うようになっています。一方でセクマイの抱える問題に詳しい方からはこういう意見も出ています。
http://ja.gimmeaqueereye.org/entry/243
これも結局は同性婚の成立が「象徴」としての役割を持っているということでしょう。日本の有名なLGBTアクティビストさんは軒並み同性婚の成立を訴えてきました。そしてセクマイを越えて広く一般の人に声を届かせ、セクマイの存在を伝えてきました。もしこの人たちが同性婚の成立に反対であれば一般の支持はおろか、セクマイの中での連帯も生まれず、何も始まらなかったでしょう。
これが「象徴」ということの重大さです。
新大久保でのカウンターも同じです。このカウンターで生まれた既成事実、象徴は一般の人の目にも映り、大きな影響を与えます。ここでヘサヨの人は、カウンターを見た一般の人は単に誇りを得て朝鮮学校無償化除外問題などの他の差別についてはいっそう無視されると言いますが、それは違うと思います。私の周りの人の中には「在日コリアン」の存在すら知らない人がたくさん居ます(学生ですから)。しかし再三のヘイトスピーチ関連の報道を見て、在日の存在を知った人もいるでしょう。そしてこういうところからヘサヨの言うような「構造的な差別」について考えられるきっかけが生まれてきます。新大久保でのカウンターは確実に、ヘサヨの言う「構造的な差別」の顕在化の役割を果たします。
「象徴」や「既成事実」はとても重要です。そこから物事が始まるのです。

ヘサヨの人はとても意識が高いように見えます。しかしその割にはたいした成果を上げておられるかは疑問です(見えていないだけならごめんなさい。でも一部のマイノリティまでもがヘサヨのスタンスを煙たがっている以上、こう思わずを得ません)。それはヘサヨの人が一般人離れして意識が高過ぎるがゆえに先のような「象徴」を捨ててきたからだと思います。
別に成果を上げられない活動をいくらしても自由です。でも「象徴」を作り、成果を上げようとしている活動に水を差すのはちょっとやめて欲しいです。

仲パレへのカウンターを呼び掛け、今はヘサヨ呼ばわりされている人が居ます。その人は数ヶ月前に「反女性手帳デモ」を企画した人でもありました。私はその頃このデモを支持していました。国が個人の人生設計に一方的な価値観を押し付けてしまうことへの危惧、そして国が少子化の原因を国民に転嫁することへの批判の意味がありました。これは過剰反応でもなんでもなく、石原慎太郎や安倍の発言等を見ても、妥当な批判でした。
しかしその人は仲パレ前になって「仲良くしようぜ」という文句について無意識的な差別心からくる表現だと避難し始めました。
幻滅しました。これでは仲パレ参加者の反感を買うどころか、反女性手帳デモの価値さえ揺らいできます。先に繋がっていたかもしれない「象徴」を手放したのです。
前進できない運動に意味はありません。

抽象的な話をします。
私はヘサヨと呼ばれる人で「毎日が楽しそうで人生うまくいきそうな人」いわゆる「リア充」を見たことがありません。みなさんどちらかと言うとイライラしていたり、病んでいたり、自己嫌悪しているように見えます(ごめんなさい)。これはレッテル貼りではなく本当にみなさんに共通していることではないですか。つまり、ヘサヨ的思考を持てばもれなく毎日が楽しくなくなるのではないですか。ヘサヨの人は「それでもいい、そもそも恒常的な差別構造の上に云々」と言いそうですが、少なくとも私はそれでは困ります。ヘサヨ的な意識の高い「自省」のために生活や精神を壊すことはできません。そしてそんなものを壊さなくても物事は動かしていけます。先の例なら反女性手帳デモだけを淡々と行っていれば良かった。「象徴」を捨て、一般人の反発を買うことを捨ててきた結果、ヘサヨの人は自縄自縛に陥っています。
それでは何も変えられないばかりか、一生楽しくない人生に終わります。そして楽しくない人生を送らせるようなヘサヨ思考はやはりどこか間違っているのです。

今はマシになってきましたが私は食物アレルギーを抱えています。
幼い頃スポーツ少年団で外食するとき、いつも食事で煩い事になって、私は暗い顔で俯いていました。それを見た母親が他のとても明るくてみんなを引っ張っていくタイプの子を指差して言いました「あの子がアレルギーだったらもっと楽しくしてるんじゃないかな」と。それを聞いた私は思いました。「もしあいつがアレルギーだったらあんな明るい性格でいられなかっただろうな」
今思えばなんて甘えた考えでしょう。でもつい最近まで私はそういうマインドでした。
そしてヘサヨの人の発言を見ていて、この私のマインドと同レベルの人を確かに目にするのです。きっとこういう例えを使った言い方はヘサヨの人にとってとんでもない「暴力」なのでしょうが、やはりそれは甘えです。そこから抜け出さない限りは毎日が楽しくなることはありません。

まだまだ言い足りないですがこれくらいにします。最後に私は数回カウンターに参加し、ツイッターやブログでカウンターを呼び掛けた者であり、このコメントは私の私見でカウンター側の総意ではありません。そして申し訳ありませんが、「ヘイトスピーチに反対する会」さんについても無知です。このコメントはあくまで「ヘサヨ」と呼ばれる方に向けたものです。

長文失礼しました。

No title

「批判や議論、さらには分裂や結合の可能性にさえ開かれた運動でなければなりません」「場をつくる責任を全体で持ち合うような運動でなければいけません」と言いながら、2013-08-11 13:20の質問に答えがないのはなぜでしょうか?

外国人学校って無料なのが当たり前なのですか?
北朝鮮に日本人学校はないでしょうが、もちろん韓国にある日本人学校には韓国政府のお金が支払われ無料ですよね?

それとレイシストの先輩である反原発団体や反米軍基地団体が実施しているヘイトスピーチにもコメント下さい。

ごちゃ混ぜにしないでね。

在特会のヘイトスピーチと 朝鮮学校の無償化問題は 全く別次元の事ですよ。 何でもかんでも 「差別」と 捉えると 道を誤りますよ。

誰も君らには注目しとらんから

No title

屁理屈を述べたて、他者を批判し、自らの正義を主張する集団が多数に見放されたことから、現在の右傾化状況がある。そんなことも分からないのかね?
あなた達のやり方には未来はない

へ会とその関係者の回答をお願い致します。

12.4渋谷差別事件救援会メンバーから在日女性差別、病気差別他を受けた夏みかんと申します。救援会メンバーの募集はへ会MLにより行われ、当時のメインメンバーのほとんどがへ会所属でした。これはへ会の問題でもあります。こちらのコメント欄最後までお読みくださいませ。 http://d.hatena.ne.jp/free_antifa/20110712/1310500530 mixiアンチコミュ救援会トピックに、もっと詳しいことを説明してあります。今もわたしへの差別は続いています。ヘイトスピーチに反対する会として、ぜひ彼らの内心の差別意識、在日二人にした差別、加害、支配を話し合うように、ご指導お願い致します。わたしは現在、へ会関係者に会うとフラッシュバックやアクティングアウトを起こしてしまう状態ですが、活動での住み分けの提案も拒否されてます。
ご誠実なお答えをお待ちしております。

No title

「反差別の趣旨に賛同し、わたしたちも参加しようと思います」とのことだが、その「わたしたち」の主体は誰か? 

(1) ヘイトスピーチに反対する会の創設者の一人である常野雄次郎が新大久保でのカウンター勢力について明確に「根源的敵対」を表明していることについて。
https://twitter.com/toled/status/317883723481767937

(2) ヘイトスピーチに反対する会の創設者の一人でおそらく現在もメンバーと思われる北守が、9.22東京大行進と同一である仲パレin東京デモについて「当然ボイコットをすべき」と発言していることについて。
http://twitter.com/hokusyu82/status/360717447352942593

以上の2点について、両者とヘイトスピーチに反対する会の関係を明らかにした上できちんと見解を表明すべし。
プロフィール

livingtogether

Author:livingtogether
Mail: livingtogether09 (@) gmail.com

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。